「個」と「組織」それぞれの能力を向上し、「個」と「組織」のよりよい関係を築くために
                                    

NHK World (英語版 視聴料フリー!)

NHK World (英語版 視聴料フリー!)
画像をクリックすると、海外向け英語放送が24時間が流れるサイトにつながります。

Channel NewsAsia International (英語版 視聴料フリー!)

Channel NewsAsia International (英語版 視聴料フリー!)
画像をクリックするとシンガポールからの英語ニュースが24時間流れるサイトにつながります。

Al Jazeera English: Live Stream (英語版 視聴料フリー!)

Al Jazeera English: Live Stream (英語版 視聴料フリー!)
画像をクリックすると中東カタールからの英語ニュースが24時間流れるサイトにつながります。

Bloomberg TV (英語版 視聴料フリー!)

Bloomberg TV (英語版 視聴料フリー!)
画像をクリックすると、24時間ビジネス経済情報が英語で流れるサイトにつながります。

「アタマの引き出し」は生きるチカラだ!(姉妹編ブログ)

「アタマの引き出し」は生きるチカラだ!(姉妹編ブログ)
「専門知識」×「雑学」がビジネス思考の「引き出し」幅を拡げる! 最新投稿は画像をクリック!

MVVの3文字で、個人と組織にブレない軸とブランドをつくる!

MVVの3文字で、個人と組織にブレない軸とブランドをつくる!
このブログの執筆者が運営している facebookページです。

「日本型リーダーシップ」の基本は山本五十六にあり!

「日本型リーダーシップ」の基本は山本五十六にあり!
「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」 には続きがあった!





東南アジア・ビジネスは背景をよく知ってから!

■■■■ 「ミャンマー再遊記」 全8回+α ■■■■
 総目次はここをクリック!
■■■■ 「三度目のミャンマー、三度目の正直」 全10回+α ■■■■
 総目次はここをクリック!
■■■■ 「タイのあれこれ」 全26回+番外編 (随時増補中) ■■■■
 総目次はここをクリック!



会社ウェブサイトは
 http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は ken@kensatoken.com にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。   


  

2018年4月7日土曜日

書評 『禁断の説得術 応酬話法-「ノー」と言わせないテクニック-』(村西とおる、祥伝社新書、2018)-セールステクニックの紹介を超えた人生の書


ふだんビジネス書はほとんど読まくなっているのだが、この本は読みたいと思ってすぐに購入し、実際に読んでみたら、予想以上に面白かったので紹介しておきたい。

『禁断の説得術 応酬話法-「ノー」と言わせないテクニック-』(村西とおる、祥伝社新書、2018)というのがそのタイトルと著者だ。 https://amzn.to/2GjvLC8

村西とおるという人物については、1980年代後半のバブル時代に生きた男性諸氏なら知らない人はいないだろうから、あえてここでは説明しないが、そんな村西とおる氏が「昔の名前で出ています」といった感じで最近復活を遂げている。

事業の失敗でつくった借金がなんと50億円! そんな多額の借金ゆえに生死の崖っぷちに立ちながらも、なんとか完済。しかも、不治の病から生還しての復活だ。 その窮地を救ってきたのが「応酬話法」販売相手のお客様から投げかけられた疑問・質問・反論に対応するため、米国のセールスの世界でパタン化されたセールステクニックの話法のことだ。

村西とおる氏のこの本は、そんな「応酬話法」というテクニックの解説もされているのだが、高校卒業後に福島から上京してからの人生で実際に使用して成功してきた「応酬話法」が、数多くの実例をもって語られる。きわめて具体的なものなので、あまりにも説得力がありすぎる。読んでいて光景が目に浮かぶような気さえして、楽しみながら読んでしまう。

この本は、言ってみれば村西とおる氏の70歳(・・もうそんな歳なのだな)の七転び八起きの起き上がりこぼし的な人生の、問わず語りのような内容でもある。 活躍してきた分野がAVという世間的にはいかがわしいとされるものだとしても、事業家としてリスペクトしないわけにはいかないだろう。もちろん、成功もあれば失敗もある。その最たる例が、時代に先駆けすぎて失敗して結果の50億円の借金だ。

この本は、ビジネス書の域を超えた人生の書になっているといってもいい。面白くてためになる本としておすすめしたい。





<ブログ内関連記事>

書評 『思いが伝わる、心が動くスピーチの教科書-感動をつくる7つのプロセス-』(佐々木繁範、ダイヤモンド社、2012)-よいスピーチは事前の準備がカギ!
・・著者の処女作

『伝え方が9割』(佐々木圭一、ダイヤモンド社、2013)-コトバのチカラだけで人を動かすには

書評 『小泉進次郎の話す力』(佐藤綾子、幻冬舎、2010)-トップに立つ人、人前でしゃべる必要のある人は必読。聞く人をその気にさせる技術とは?

どんな話であれ「自分」を全面的に出したほうが、人はその話に耳を傾けるものだ ・・SUCCESS の法則というプレゼンの基本について。話の中身は自分を全面的に出す。これに話すテクニックが加われば、鬼に金棒だろう。私も日々精進の毎日である。

「人生に成功したければ、言葉を勉強したまえ」 (片岡義男)

書評 『言葉でたたかう技術-日本的美質と雄弁力-』(加藤恭子、文藝春秋社、2010)-自らの豊富な滞米体験をもとに説くアリストテレス流「雄弁術」のすすめ
・・「言論による説得には三つの種類がある。第一は語り手の性格に依存し、第二は聞き手の心をうごかすことに、第三は証明または証明らしくみせる言論そのものに依存する」(アリストテレス、池田美恵訳)




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end

2018年2月14日水曜日

「冬季限定」という売り方はロングセラーの条件!?-ロッテの洋酒入りチョコレート


洋酒入りのチョコレートは「冬季限定」の楽しみだ。定番はラムレーズン入りの「ラミー」(Rummy)。これが大好き。もう食べ始めて何年になることか。

こないだ初めて店頭でみたのが黄色のパッケージのカルヴァドス入り。カルヴァドスは、リンゴのブランデー。味はまあ、ブランデーですね、ちょっと甘めだが・・・。

それにしても「冬季限定」という売り方はうまいねえといつも感心する。冬が始まる前に店頭に出現し、冬が終わると店頭から消えるこのパッケージを店頭で見ると「買わなきゃ!」という気持ちにさせられるからね。

毎年、毎年おなじことの繰り返しとはいえ、これがロングセラー商品の秘密かも。

子どもの頃、ウイスキーボンボンが「禁断のお菓子」(?)だった。そういう記憶をもっているからかもしれないが、洋酒入りチョコが好きだ。






<ブログ内関連記事>

書評 『ターゲット-ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?-』(ジェローム・シュシャン、高橋書店、2016)-日本との出会い、弓道からの学びをビジネスに活かしてきたフランス人社長が語る

バレンタイン・デーに本の贈り物 『大正十五年のバレンタイン-日本でチョコレートをつくった V.F.モロゾフ物語-』(川又一英、PHP、1984)

書評 『ゲームのルールを変えろ-ネスレ日本トップが明かす新・日本的経営-』(高岡浩三、ダイヤモンド社、2013)-スイスを代表するグローバル企業ネスレを日本法人という「窓」から見た骨太の経営書




(2017年5月18日発売の新著です)


(2012年7月3日発売の拙著です)







Clip to Evernote 


ケン・マネジメントのウェブサイトは
http://kensatoken.com です。

ご意見・ご感想・ご質問は  ken@kensatoken.com   にどうぞ。
お手数ですが、クリック&ペーストでお願いします。

禁無断転載!



end